予防接種

予防接種について

予防接種の予約について

月・火・(水)・金・土 午前12時~1時
月・火・水・金・土 午後2時30分~3時30分
予約した時間にご来院ください
(上記以外の時間でも予約していただくことがあります。
その場合も予約した時間にご来院ください)

インフルエンザの予防接種期間(10月半ば~12月初め)
月・火・水・金・土 午後3時30分~4時30分
上記の時間帯にインフルエンザの予防接種枠を増設しています。
ウェブ予約はできませんので、受け付け開始の9月1日以降(診療時間内)に
窓口・電話(04-7122-2519)でお申し込みください。
インフルエンザの予防接種期間は午後の一般診療の開始(午後5時)も遅くなります。

予防接種で来院するときは

母子手帳・問診票(問診票がない場合は申し出てください。)県内乗り入れの方は必ず問診票を持参してください。

健診・予防接種の時間は基本的には健診・予防接種だけですが、前回診察で追加のお薬、皮膚のお薬、いつものお薬を希望される方は、来院前にご連絡ください(連絡を忘れてしまった方は窓口で受付の時に)

来院する前に、お子さんの体調を確認してください。

お受けなる前に「予防接種を受ける前に」をお読みください
  • 1週間以内に熱はでていませんか?
  • 1か月以内におたふく風邪、水ぼうそうにかかっていませんか?
  • けいれんを起こしたことがある場合、初めての場合は2~3か月、そうでない場合は1か月以上あいていますか?
  • 医療機関を受診、薬を服用中の方は主治医の了承を得ていますか?
  • 接種出来る状態かお悩みの時は窓口へお問合せください。

予防接種で来院後の受付方法

  • 窓口のカウンターに受付用紙がありますので氏名をお書きください。
  • 母子手帳・問診票をお出しください。(問診票がないときはお申し出ください)
  • 順番にお呼びしますので用意をしてお待ちください。
  • 予防接種終了後、母子手帳の返却、次回の予約をいたします。待合室でお待ちください。

母子手帳を忘れてしまうと予防接種は受けられません。

予防接種を受ける方に

当院では2018年8月からワクチンスケジュールシステム(アルフレッサ)を導入しています。
現在当院の予防接種予約システムと連動していませんが、登録し実施した予防接種を入力すると次の接種時期にお知らせメールが届き、接種を忘れる恐れが減り便利です。他院との連携も取れるようになってきました(市内では小張病院)登録ご希望の方は、こちらのサイトからご自由に登録・ご利用ください。登録後は接種したワクチンを入力できます。ご自分で母子手帳を見ながら接種したワクチンを入力してください。入力が面倒なときは来院の時に窓口でご相談ください。

予防接種のアプリなども無料のものがでてきています、下記のシステムも個人で入力出来るので便利です。

○予防接種スケジューラー
○LINEで予防接種リマインダー
○ワクチンノート – 予防接種のスケジュールをかんたん管理 –

予防接種関連の質問は下記を検索ください

○厚生労働省 予防接種情報
○ワクチン.net(田辺三菱製薬)
○日本小児科学会 予防接種・感染症
○KNOW☆VPD(VPDを知って、子どもを守ろう)

予防接種例(2歳まで)

野田市(保健センター扱い)の個別予防接種(千葉県内乗り入れ定期接種を含む)…無料

詳しくは野田市ホームページ
○予防接種
○妊娠・出産・乳幼児健康診査等
をご覧ください。

野田市(保健センター扱い)の個別予防接種(千葉県内乗り入れ定期接種を含む)…無料

野田市内の指定医療機関で接種できます。(母子手健康手帳は必ずご持参ください)

ロタウイルス感染症
対象者

生後6週0日(標準的には生後2か月)以降から接種。初回接種は、14週6日までに完了することが望ましい。

接種回数

ロタリックス:2回経口接種(27日以上の間隔で24週まで)
ロタテック: 3回経口接種(27日以上の間隔で32週まで)
ワクチンは2種類あります。必ず同じワクチンを使用して必要回数接種してください

ヒブ感染症
対象者

生後2か月から5歳未満
注:標準的な接種開始年齢は生後2か月から7か月未満です

接種回数

開始月齢が2か月から7か月未満=初回3回、追加1回
開始月齢が7か月から1歳未満=初回2回、追加1回
開始月齢が1歳から5歳未満=初回追加あわせて1回

小児の肺炎球菌感染症
対象者

生後2か月から5歳未満
注:標準的な接種開始年齢は生後2か月から7か月未満です

接種回数

開始月齢が2か月から7か月未満=初回3回、追加1回
開始月齢が7か月から1歳未満=初回2回、追加1回
開始月齢が1歳から2歳未満=初回追加あわせて2回
開始月齢が2歳から5歳未満=初回追加あわせて1回

B型肝炎予防接種
対象者

1歳未満
標準的な接種期間は生後2か月から9か月未満
注:母子感染(垂直感染)予防として、出生後から健康保険によるB型肝炎ワクチンの接種を受けたことのある方は、定期予防接種の対象になりません。

接種回数

合計3回接種
1回目=生後2か月以降に接種
2回目=1回目から27日以上の間隔をあけて接種
3回目=1回目の接種から139日以上あけて接種(20週後の同じ曜日から接種可能)

ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ(4種混合)
対象者

生後3か月から7歳6か月未満
注:標準的な接種開始年齢は生後3か月から1歳未満です

接種回数

1期初回=3回
1期追加=1回

不活化ポリオ(IPV)
対象者

生後3か月から7歳6か月未満
注:標準的な接種開始年齢は生後3か月から1歳未満です

接種回数

1期初回=3回
1期追加=1回

ジフテリア・百日咳・破傷風(3種混合)
対象者

生後3か月から7歳6か月未満
注:標準的な接種開始年齢は生後3か月から1歳未満です

接種回数

1期初回=3回
1期追加=1回

結核(BCG)
対象者

1歳未満
注:標準的な接種年齢は生後5か月から8か月未満です

接種回数

1回

麻しん風しん混合(MR)
対象者

1期:1歳から2歳未満
2期:5歳から7歳未満で小学校就学前の1年間(年長児)

接種回数

1期:1回(2歳の誕生日前日まで)
2期:1回(今年度3月31日まで)

水痘(すいとう)
対象者

1歳から3歳未満
注:標準的な接種開始年齢は1回目は1歳から1歳3か月未満

接種回数

2回

日本脳炎
対象者

1期:生後6か月から7歳6か月未満
注:標準的な接種開始年齢は3歳から4歳未満です

2期:9歳から13歳未満
注:標準的な接種開始年齢は9歳から10歳未満です

接種回数

1期初回:2回
1期追加:1回
2期:1回

日本脳炎(特例対象者)
対象者

1. 平成7年4月2日生まれから平成19年4月1日生まれであり、20歳未満の方
2. 平成19年4月2日生まれから平成21年10月1日生まれであり、1期が終了していない方で、2期の年齢(9歳から13歳未満)で不足分の接種が可能

接種回数

合計4回になるように残りの回数を接種
注:4回接種済みの方は接種する必要はありません

ジフテリア破傷風(DT)
対象者

2期:11歳から13歳未満
注:標準的な開始年齢は11歳から12歳未満です。

接種回数

1回

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん等)
対象者

小学校6年生から高校1年生相当の女子
注:標準的な接種年齢は中学校1年生です。

接種回数

3回
注:ワクチンは2種類あります。

任意の予防接種…有料

おたふく風邪 ムンプスウイルスによる急性ウイルス性の全身性の感染症です。 生後12カ月以上の未罹患患者が対象です。 1歳を過ぎたら1回目を、小学校入学前に2回目の接種をお勧めします。 *10歳を過ぎてもかかっていない人は重症になるので予防接種を受けましょう。 *保育園・幼稚園に入園予定の方は入園前に接種しておくことをお勧めします。
インフルエンザ 当院では毎年9月から予約を開始し10月半ばから接種を開始します。
当院では接種効果を考慮し、生後12ヵ月以上からの方を受け付けています。
13歳以下は2回接種(2~4週間間隔・免疫効果を考えると4週間が望ましい)します。
ページ上部へ戻る